aokirozin's log

技術と音楽とアニメと読書の健忘録

Python環境を構築できるAnaconda (1)

最近は半強制的にPythonがマイブームなのです。

といった感じでエントリーを書いていこうかと思います。

Anaconda (Miniconda) のインストール

Anacondaとは

WindowsにPythonを導入するのは面倒です。本体だけならまだしも、ライブラリをインストールするときは、依存関係なども解決しないといけないからです。AnacondaとはPython本体のインストールのみならず、関連パッケージの管理ツールや開発環境などが含まれるディストリビューションです。

ただ、Anacondaには通常では不要な大量なパッケージも含まれるため、Python本体とパッケージ管理ツール、最小限のパッケージで構成されたMinicondaをインストールすることにします。なお、インストール時に必要な容量は、Anacondaが約3GB、Minicondaが約0.3GBです。

Windows10 (1909) へのMinicondaのインストール

Minicondaのダウンロードページから「Miniconda3 Windows 64-bit」 (32bitの人は32bit) をダウンロードし、全てデフォルトの指定でインストールしましょう。

f:id:aokirozin:20200619185924p:plain

ただ、インストール先で、日本語やスペースが入っている場合、正しく動作しない恐れがあるため、そのばあいは「C:\miniconda3」にするなど、適宜対応してください。

f:id:aokirozin:20200619193558p:plain

動作確認

スタートメニューから「Anaconda3」→「Anaconda Prompt (miniconda3)」でプロンプト画面を開きます。

python -Vと打ち込んでを押してください。Vは大文字です。これはインストールされているPythonのバージョンを出力するコマンドです。

> python -V
Python 3.7.7

python --versionでも同じです。こちらはvは小文字です。

> python --version
Python 3.7.7

このようにバージョンが正常に表示されたなら、インストールはとりあえず正常に完了しているはずです。

Hello, World!

次に、PythonコードをPythonインタプリタで実行させてみます。Anaconda Prompt でpythonと入力すると、Pythonインタプリタが起動します。

> python
Python 3.7.7 (default, May  6 2020, 11:45:54) [MSC v.1916 64 bit (AMD64)] :: Anaconda, Inc. on win32
Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.
>>>

>>>の後にprint("Hello, World!")と入力してみます。

>>> print("Hello, World!")
Hello, World!
>>>

print関数は文字列や数値を出力する関数です。

インタプリタからでるときはexit()と入力します。

>>> exit()

>

Pythonのリスト内包表記

放置してたけど久しぶりに書く。 完全に自分用メモ。

a = []
for i in range(10):
    a.append(i)

みたいなものを

a = [i for i in range(10)]

とワンライナーで書けるらしい。 正直めちゃくちゃ読みにくい。

# [0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9]

というリストができる。

Pythonスタートブック[増補改訂版]

Pythonスタートブック[増補改訂版]

  • 作者:辻 真吾
  • 発売日: 2018/04/12
  • メディア: Kindle版

入門 Python 3

入門 Python 3

  • 作者:Bill Lubanovic
  • 発売日: 2015/12/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

GeForce GTX 900 Series

グラボはPhotoshopとかPremiereとか使うんで、性能いい方が良いのだけれど、消費電力 (TDP) が250Wとかなのが気になりすぎて躊躇してたんだけど、最近出た900シリーズはTDPすげー下がってるのね。250W→165Wはでかい。これは買わざるを得ない。970はメモリ周りに不具合あるらしいので980かな。個人的にはELSA製が信頼できるんで、「ELSA GeForce GTX 980 4GB S.A.C」かね。静音ファンらしいし。

ELSA NVIDIA GeForce GD980 4GB グラフィックボード GD980-4GERXS

ELSA NVIDIA GeForce GD980 4GB グラフィックボード GD980-4GERXS

  • 発売日: 2014/11/01
  • メディア: Personal Computers

SMARTalk (FUSION IP-Phone SMART)

いわゆる050で始まるIP電話の番号を取得して利用できるサービス。似たサービスに050plusがあるがこっちは月額固定費がかかってしまうので、普段使わないけど稀に着信で使う、とかならSMARTalkは良い選択肢だと思う。発信したときの通話料金は30秒ごとに税抜8円。

スマホ用の専用アプリがあり、取得した050の電話番号で発着信できる。複数の番号を同時に持つことができるが、そのあたりの使い勝手がよく分からなかったので、試してみた。

まず、FUSION IP-Phone SMART のアカウントを取得する際にはメールアドレスとクレジットカードが必要になる。これで、1つ目の番号を取る。2つ目の番号を取る際には1つ目のアカウントとは別にアカウントを新規作成する感じになる。その際、1つ目と同じクレジットカードを使うと、2つ目の取得手数料という謎の費用が税抜500円かかる。面倒なので同じカードで登録したが。これで2つの番号を持つことができる。3つ以上も同様だが、1つのクレジットカードで取得できる番号の上限は5個のようだ。

次に、スマホアプリSMARTalkでの複数アカウントの扱いについて。基本的には使いやすいようにできていると思って良い。設定から発信の番号を1つ選択することになる。着信はすべての番号から受けられる (専用アプリを起動していなくても着信できる)。

f:id:aokirozin:20140430101249p:plain

これがSMARTalkの設定画面。SIPアカウントというのがいわゆるIP電話の番号。そのうちの1つを発信用に指定する。

f:id:aokirozin:20140430101458p:plain

SMARTalkの発信画面。左上が発信および着信するデフォルトの番号が表示される。

SMARTalkは自営業用の電話番号として使ってます。少なくとも個人用の携帯電話番号よりはマシだと思うし、使い分けができて便利。なにより、スマホアプリがあるので、どこでも通話できるのは大きいと思う。

ローカルのPACファイルがIE11で機能しない件

プロキシサーバを自動設定するためのファイルであるPACファイル。こいつをローカルにおいてIEに設定していたのだが、いつの間にやら機能しなくなっていた。IE11になってからだろうか。よく分からない。ちなみにWindowsは7。普段はFirefoxのBetaを使っている。IEと同じ設定を使うChromeでは機能しているので、IEの問題と思われる。

ちなみにプロキシサーバは某サイトとニコ動にアクセスするときだけ使用しているので、

function FindProxyForURL(url, host)
{
    if(shExpMatch(url, "*.dasadasa.com/*"))
        return "PROXY dasadasa-proxy.com:3128";
    else if(shExpMatch(url, "*.nicovideo.jp/*"))
        return "PROXY localhost:8080";
    else
        return "DIRECT";
}

みたいなPACファイルを使ってる。これをproxy.pacとして、IEインターネットオプションのLANの設定の自動構成スクリプトを使用する、の欄に

file://C:/proxy.pac

とfileプロトコルで指定すると機能しないが、ウェブサーバ上に置いて

http://dasadasa.com/proxy.pac

とhttpプロトコルで指定するときちんと動作する。謎仕様。

QNAPのNAS買った

今までオンラインストレージのBitcasaの無制限プラン使っていたんだけど、価格が10倍になったり、やっぱり速度が遅いので、NASを買いました。QNAPの8ベイモデルTS-869Lです。NASというより、もはやLinuxサーバです。高機能すぎて使いこなせそうにないです。

で、いざNASへアクセスしようとしても繋がらない。なぜ?Windowsと同じユーザ名とパスワードを作っているのに。1週間くらい悩んで、ESETのファイアウォールを無効にすると繋がることに気付く (遅い)。つまり原因はESETの設定。どの設定だと探して見つけたのが、「パーソナルファイアウォールの詳細設定」→「ネットワーク」→「パーソナルファイアウォール」→「IDSと詳細オプション」→「パケットのチェック」→「信頼ゾーン内にあるサーバーへの接続に対するSMBプロトコルでのNTLM認証を遮断」のチェックを外すこと!!なお、デフォルトではチェック外れている模様。

ちなみにHDDはWDのRed使ってます。Greenよりも温度が4℃くらい低いです。

TurboNAS TS-869L HDD-Lessモデル

TurboNAS TS-869L HDD-Lessモデル

  • 発売日: 2012/09/05
  • メディア: 付属品

[asin:B00F0EIKJO:detail]

2020 © aokirozin